沖縄での女性のひげ事情

沖縄での女性のひげ事情

沖縄では女性のひげ(産毛)がかなり一般的となっているようです。気にしない人はいつまでたっても生やしっぱなしで、1本だけ長くても大切にとっている人もいるとか。

 

何かの迷信なのでしょうか。同じ日本という国ですが、琉球国ですからわからないこと一杯ありますね!
理由を少し調べてみました。

 

理由はさだかではありませんが、確かにフィリピン人やタイ人など、温暖な気候なところの女性は普通にうぶげとしてひげを認識しているようです。
沖縄では女子小学生ぐらいなら、普通にひげを生やしているとか・・・つまり、あまり気にしていないということなんでしょうか?

 

沖縄の方は、ほりが深く二重ではっきりしたお顔立ちの方が多いですよね。
それと同様に髭などが濃い女性が多いようです。

 

理由はたくさんあるみたいですが、諸説ありますが、紫外線量・発汗・台風の影響などがあるとされてます。

 

紫外線から皮膚を守るためにひげが濃くなってしまった。高温多湿の気候に合わせて汗をかくために体毛がちゃんと残っている。

 

沖縄は常に吹き抜ける風や台風が多い。つまり、高温多湿で発汗量が多いのに、強い風で毛穴に塩分がつまって発汗できまくなる。

 

ちょっと無理があるような説ですね。でも、こういったことは毛穴を開いて、ひげなどが太くなるきっかけにはなりますよね。それでも、中高生ぐらいになるとぐっと減るみたいなので、自己処理しているのではないかといわれています。

 

ちなみに、ひげの濃そうな都道府県では圧倒的に沖縄県となっており、少なそうなのが北海道と、寒い地域と暑い沖縄の比較がきっちりデータとしてあらわれています。これは女性ホルモンにはあまり関係がなさそうですね。どちらかといえば、暑いから、肌を守るためにひげが濃くなっているのでしょうか?

 

それでも那覇市には脱毛サロンがたくさんあります。つまり、沖縄の人は毛深いし、ひげもたくさん生えている人は多いけれど、ある一定の年齢になればそります。そして経済的にも余裕が出てきたらサロンに行くといった感じなのでしょうか?

 

だからといって、沖縄の女性に男性ホルモンが多いとは思えません。だから、更年期になって女性ホルモンが減っていくと、産毛のひげではなく、本当のひげがたくさん生えてきそうですよね。そうなるとやはり脱毛サロンなのでしょうか。

 

ひげ脱毛をしたり、抑毛クリームやローションなどでひげを薄くしたら、毛穴も引き締まるので肌もきれいに見えるようになり、健康的な沖縄人になれますね。都道府県によってひげ事情が違うなんてあまり聞いたことがなかったですが、女性ホルモンやストレスだけでなく、環境でも左右されるのですね。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?